<< _main

《校長通信》H26年度-14「師走」

《大森春秋》H26年度‐14
東日本大震災に被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。
まだまだ辛い日々が多いとは思いますが一日も早い復興を心より祈念いたします。

師走に入り何かと慌しい日々でしょうか。
陰暦12月。お坊さん(師僧)が盆と同じように、年の瀬もお経をあげるために東西を忙しく走り回ったところから、師走と言われるようになった(とする説)ようです。年末で学校の先生も忙しくて、走り回る月だというところからきた説もあるようですが・・・。
もうすぐ2学期も終了です。冬休み2週間と少し、冬期講習に部活動、年明けには校外教室(スキー・スノーボード)。また受験生は気の抜けない日々が続いています。健康に十分留意し充実した日々を過ごしてもらいたいと思います。

少年老い易く 学成り難し 一寸の光陰 軽んずべからず
未だ覚めず 池塘春草の夢 階前の梧葉 すでに秋声    『偶成』朱熹

11月24日(祝)折り紙飛行機大会と“飛行機はなぜ飛ぶの?”講演会が本校イベントホールと体育館で行われました。200名を超える親子にとって、素敵な時間が過ごせたことを祈ります。ブラスバンド部のアナと雪・Dメロディ演奏には親子共々聞き入っていました。お手伝いはおもちゃの病院でした。
30日(日)車いすメンテナンスグループと東京中央ロータリークラブが、空飛ぶ車いす修理会。12台をフィリピンへ。
12月9日(火)お隣の保育園にてトーンチャイム演奏会。グループ「ミルフィーユ」は保育園・幼稚園・特養ホームなどで、子供やお年寄りにトーンチャイムの演奏をしている女子のグループです。

今年も大勢の生徒達が学校から地域に出て、色々な活動をすることができました。一人ひとりの自主性と奉仕の心、そして受け入れてくれる(機会を与えてくれる)関係の全ての皆様に感謝いたします。来年も自分にできることを地道にやっていける1年でありますように。

2014,12,16畑澤

DATE:2014/12/16  │

車いす修理会

chair_001.jpg chair_002.jpg chair_003.jpg
chair_004.jpg chair_005.jpg chair_006.jpg
chair_007.jpg chair_008.jpg chair_009.jpg
平成26年11月30日,
本校会議室前のスペースで車いす修理会が開かれました
東京中央ロータリーの方々,中央大学ローターアクトの方々など,
約30人の参加者とともに車いすを修理しました。
今回の修理会で12台の車いすを直すことができました。
この12台の車いすはフィリピンへと届けられます。
『またぜひ一緒に活動しましょう!』
参加してくれた方からの暖かい言葉が印象的でした。

DATE:2014/12/02  │

ページTOP