<< _main

《校長通信NO9》

東日本大震災に被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます
皆さまの安全と一日も早い復興を心より祈念いたします

「てまえ持ちいだしたるは、四六(しろく)のがまだ。四六、五六(ごろく)はどこでわかる。前足の指が四本、あと足の指が六本、これを名づけて四六のがま。このがまの棲めるところは、・・・・・・」26日(日)誠和会筑波山見学の一行を迎えてくれたのは、「がまの油売り」の口上でした。昼食後の売店では多くの方が「がまの油」を手にしていました。私も400円で一つ購入することになりました。また、筑波山神社から乗ったケーブルカーでは、突然野生のイノシシが出現するというサプライズに、皆さん大喜び。ガスが立ち込め、濡れた石が滑る登山道、きついきついと言いながらも男体山、女体山の登山を楽しみ、和気あいあいと過ごした一日でした。教職員もご招待いただき有難うございました。

25日(土)はもりこう会(同窓会)懇親会があり、懐かしい顔が・・・・・・。第一回の卒業生J君が見え、お互い薄くなった(白くなった)頭を撫でながら、遅くまで話が弾んだ一晩でした。みんな頑張っているかな?疲れた時、たまに母校に帰るのも良いもんだ。来年はもっとたくさんの懐かしい顔が見られたら良いなと思います。

2011.6.27 畑澤

DATE:2011/06/27  │ 報告

《校長通信NO8》

東日本大震災に被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます
皆さまの安全と一日も早い復興を心より祈念いたします

紫陽花の紫色が鮮やかなシーズンになりました。
梅雨の晴れ間の7日(火)体育祭が行なわれました。平日にも関わらず500名を越える保護者の方々に観覧いただき、お子さんに対する親御さんの気持ちをあらためて感じさせられました。生徒たちの競技に対する気持ちが回を重ねるたびにますます強くなってきたと感じる一日でもありました。体育祭に花を添えてくれるのが校友会リレーです。クラブのプライドをかけた戦いは毎年厳しさと清々しさを与えてくれます。今年は吹奏楽部が「まけるな!東北」をテーマに、マーチングを披露してくれました。23人での演技でしたが、素晴しく心を打つものがありました。私の周りにいた先生たちも同じ気持ちだったようです。ご覧になった方は、どのような感想をお持ちでしょうか。素晴しい1日に「ありがとう」と言います。

11日(土)「岩手に届け!空飛ぶ車いす修理会」がありました。本校生徒だけでも120名を超える参加があり、地域・大学生・外国人留学生・中学生・OB・教職員等を合わせると総勢160名を超えるかと思われます。38台の車いすが岩手に送られるとの報告がありました。出来るときに出来ることを。皆さんのお気持ち、ありがとうございました。
2011.6.16 畑澤

DATE:2011/06/16  │ 報告

車いす修理会

6月11日(土)、大森学園高等学校イベントホールにおいて、第9回目となる車いす修理会が開かれました。今回の目的は、先の地震で被災した東北の方々に車いすを贈るために行われました。また岩手県には「空飛ぶ車いす」活動を共に行ってきた仲間もいます。励ましのプレゼントとして車いすを贈ることにしました。当日は在校生(クラス有志・自動車部・野球部ほか)、卒業生、誠和会(PTA)、もりこう会(同窓会)、こども交流センター(こらぼ大森)、近隣のみなさん、江東区車いすボランティア、大森第2中学校、神奈川工科大学、本校教職員など総勢120名を超える参加者で38台の車いすを一生懸命修理しました。

DATE:2011/06/16  │

《しめきりました》ミニマイコンカー製作講習会参加募集

23maikon.jpg

DATE:2011/06/16  │ 報告

全校朝礼

6月15日(水)全校朝礼が行われました。工業系の朝学習に実施している漢字テストでは、上位5クラスが学校長より表彰されました。クラブにおいてはレスリング部と先日の大会で関東大会出場を決めた陸上部の生徒1名が表彰されました。

DATE:2011/06/15  │ 報告

おおた子育てわいわいフェスタ

「おおた・子育てわいわいフェスタ2011」に参加をさせていただきました。当日は4630名もの大勢のお客様が来場され、大森学園高校のコーナーでは、工作・半田付けなどのものづくりを体験してもらいました。みんな楽しそうに取り組み、参加した子どもたちも笑顔が絶えない1日でした。

DATE:2011/06/13  │ 報告

ページTOP