<< _main

« お気に入りの本をみんなのものに! | | 税金は「日本へのお手紙」 »

「見上げた空には夢がある 過去の宝は未来の宝」

 12月3日(月)で2学期の授業が終わり、いよいよ期末試験を迎えます。3年生は3学期に授業がないため、この日が高校生活最後の授業となりました。3年生のそれぞれがいろいろな思いをかみしめながら最後の授業を受けました。
 ここでは、3年普通科2組(3G2)の最後の音楽の授業の様子を取り上げます。担任の先生への感謝の気持ちを込めた合唱が行われました。この日を迎えるまでに、クラス全員で選曲を行い、何度も練習を重ね、美しいハーモニーを作り上げてきました。3G2が選んだ曲はゆずの「友」と合唱曲「あなたへ~旅立ちに寄せるメッセージ」の2曲でした。
 「心揺れて迷う時も ためらう気持ちそれでも 支えてくれる声が 気付けば いつもそばに」「愛と涙 あなたの手のぬくもり 人生という名の迷路の果てに 信じあえることの喜びと 悲しみあった分 優しくなれる」 これらの歌詞はいずれも担任の先生が2年間かけて3G2の生徒たちに伝えてきた思いそのものでした。担任の先生は常日頃から「自分勝手にふるまって互いの傷をなめあうような関係ではなく、喜びも悲しみもわかちあい、お互いを高めあえるような交友関係を築いてほしい。」と生徒たちに強く伝えてきました。今回の合唱はそんな担任の思いに応えるかのようなすばらしい合唱となりました。
 「見上げた空には夢がある 過去の宝は未来の宝」
最後に音楽の先生からこのような言葉をもらって、授業を終えました。
3年生のみんなには、これまでの高校3年間で手にした数々の大切な宝を持って、明るい未来に向かって大きく羽ばたいていってほしいと願っています。

%E5%90%88%E5%94%B1%E2%91%A0.JPG %E8%A6%8B%E4%B8%8A%E3%81%92%E3%81%9F%E7%A9%BA%E3%81%AB%E3%81%AF.JPG


DATE:2018/12/05  │


ページTOP