<< _main

《校長通信》H28年度‐1【新年度の始まり】

《大森春秋》H28年度‐1
東日本大震災に被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。
一日も早い復興を心より祈念いたします。

【新年度が始まりました】
4月6日(水)入学式が滞りなく挙行されました。
4月11日(月)新学期始業式が行われました。
入学式は平日にもかかわらずご両親やご家族で参列された方も多く、ご来賓をはじめ、たくさんの方々にお祝いしていただきました。
新入生は普通科188名(男子115・女子73)6クラス、工業科108名3クラス、合計296名。1クラス30人台の9クラスでのスタートです。3日間のオリエンテーションを経て、本日から3学年そろって新年度のスタートを切りました。
高校の3年間は大人になるための勉強の時間である。心から発憤できること、ワクワクする感覚になれるもの、大好きなことに打ち込むことが心を成長させてくれると考えます。1度や2度の失敗にクヨクヨせず、胸を張って顔をあげて新たに始めてほしい。3年間で完結ではなく、人生はまだまだ続いてゆくから。
また、他人に依頼せず、自分の力で自分の向上・発展を遂げるという「自助の精神」を持ち、その上で互いに磨き合いながら3年間を過ごしてもらいたいと思います。

2016.4.11畑澤

DATE:2016/04/11  │

ページTOP