<< _main

お弁当大会

3G4.jpg 3G31.jpg 3G32.jpg

平成271126日(木)3年生ホームデザインの授業で『お弁当大会』が開催された。ホームデザインの授業では、1年間をかけてラザニア・パン作りなど色々な料理にチャレンジしながら料理の基本を学ぶ。そして授業のまとめとして行われるのがこの『お弁当大会』。大会に際してはあらかじめ各班で対象・コンセプトを考え、企画書を提出する。子供向けなのかダーリン向けなのかで内容は大きく変わる訳だ。大会は、大きく4つの観点で審査される。①栄養バランス ②保存性 ③見栄え(いろどり) ④携帯性。

各班、自分で弁当箱を準備し作品を詰めて完成。 

 

DATE:2015/11/26  │

詩朗読会

CIMG89490.JPG CIMG89520.JPG CIMG89630.JPG

平成271126日(木)図書室にて『朗読会』が開かれた。今回図書委員会有志たちがチャレンジしたのは『詩』。まどみちおの「けしごむ」「ぞうきん」。加島祥造の「求めない」。高村光太郎の「あどけない話」「レモン哀歌」と向き合った。人前で発表するのは、読むスピードや抑揚、リズム感など自分で読むのとは大違い。とても多くの事を学ぶことができた。

 

DATE:2015/11/26  │

進路講演会

CIMG0034.JPG CIMG0035.JPG CIMG0038.JPG  

平成271125日(水)2年生普通科の生徒に対し、コース別に大学進学に向けての進路講演会を開催。外部講師の方から「志望大学の合格は、純粋な自分の努力だけで獲得できる最後のチャンスである。」「入学する大学によって、就活の幅や留学先の選択肢の幅が違う。」など大学受験には真剣に取り組む価値があるという話を皮切りに、社会人に対して行ったアンケート結果より、受験勉強が今のビジネスにおおいに役立っていることを具体的な例から説明して頂いた。「練習は頭を使わないと嘘をつくよ。」という言葉がとても印象的。「人生を24時間で表すと、13時間半働いています。いやいや働くと人生の半分以上を後悔することになります。」“勉強内容の広さ、深さ”と“将来の仕事のレベル、選べる分野の量”の相関図を用いて「なぜ勉強をしなければいけないのか?」を説明して下さり「勉強する意味」が前述の「仕事時間」の話とリンクしてとてもわかりやすく生徒も納得していた様子。その後、勉強方法のポイントや志望校の選び方、大卒と専門学卒の違い、似通った学部(経済と経営など)の違いなど詳しく説明して頂いた。

DATE:2015/11/25  │

《校長通信》H27年度-9【もうすぐ師走】

《大森春秋》H27年度‐9
東日本大震災に被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。
一日も早い復興を心より祈念いたします。
もうすぐ師走・・・。「1年は早いなあ~」そんな言葉が思わず出てしまうこの頃。
18日に学校公開があり、100名を超える方にお出でいただきました。概ね好意的に見ていただいたようですが、中には厳しいご意見をいただいた方もいらっしゃいました。今後の課題としてより良い学校作りに役立てたいと考えます。
11日にはキャリア・セミナーがあり、2学年各クラスで「卒業生による授業」をしていただきました。進路決定のポイントや社会人としての心構え、様々な体験談等々話していただきました。忙しい時間を割いていただき、かつ50分という短い時間の中で慣れないことをお願いしました。後輩の為とはいえ、感謝申し上げます。生徒達にとって将来を考える一つのきかっけになれば・・・と思います。
12日 インターアクト講演会があり、約40名の部員に蒲田ロータリー中谷氏より90分のお話をいただきました。自分自身の生き方や働く厳しさや責任、そして「夢を持つ」こと・・・。あっという間の90分でした。有難うございました。
ボランティアにも大勢出掛け、良き体験をしたことと思います。
7・8日 OTAふれあいフェスタ 「6ブースでのたのしいものつくり体験サポート」有志グループ、自動車部、美術部、ハンドメイド同好会、生徒会
15日 ポレポレエコまつり 「出店手伝いとカゴかき」生徒会、柔道部
15日 折り紙飛行機大会 「130名を超える小学生の飛行機大会運営サポートと演奏会」おもちゃの病院、ブラスバンド部 
皆さん、ご苦労様でした。
2015,11,25 畑澤正一

DATE:2015/11/25  │

生徒研究成果発表大会

00300.JPG 01600.JPG 06500.JPG

平成271121日(土)東京都立工芸高等学校視聴覚ホールで「第22回東京都高等学校工業科生徒研究成果発表大会」が行われた。今年の口頭発表校は21校。日頃の研究成果を発表し厳正なる審査を受ける。

審査項目は

①発表内容(企画力・創意工夫・主体性、創造性、グローバルな視点)

②発表技術(提示資料の妥当性・言語の明瞭さ、メリハリなどの観点)

今年の大森学園の発表のテーマは『ものづくりへの取り組み』

大森学園が時代のニーズに合わせて行っている様々な取り組みを紹介し、ものづくりを通して考えたこと(例えば、大森学園では先輩たちの歴史があること。日本のものづくりが全世界で必要とされていること。ひとつの部品加工においても思った以上の努力が必要であること。などなど)、そして、ものづくりの大切さを皆さんに伝えてきた。

残念ながら最優秀賞は頂けなかったが、多くのことを学んだ大会であった。

 

DATE:2015/11/21  │

折り紙飛行機大会

IMG_7772.JPG IMG_7997.JPG IMG_8080.JPG

平成271115日(日)第12回折り紙ヒコーキ大会が本校で開催された。この大会には先日行われた『飛行ロボットコンテスト』同様、第1回大会から大森学園がサポートしている。東京大学大学院土屋教授、元JAS機長磯氏のご講演に続き、小学校3年~6年の子供たちと折り紙飛行機を作り、それぞれの機体で飛行距離を競った。なんと出場者は過去最高の137名。保護者を含めると250名を超える大会となった。飛行から結果発表までの待ち時間には今回も本校ブラスバンド部が演奏。大会をおおいに盛り上げてくれた。

 

DATE:2015/11/15  │

ポレポレECOまつり

CIMG8842.JPG CIMG8843-1.JPG CIMG8848.JPG

平成271115日(日)こらぼ大森で『第12回ポレポレECOまつり』が開催された。このまつりは地域の大人の皆さんや子ども交流センター学童保育室の子供たち、そして有志小学生たちが運営をしている。ポレポレとはスワヒリ語で「ゆっくり」という意味。江戸の工夫されたエコロジーを学びつつ、日頃の練習成果を発表したり、楽しいモノづくりを体験したり、毎年楽しい手作りの催しとなっている。今年は柔道部が「駕籠かき」として大活躍。小さい子供たちやお母さんから大好評だった。

DATE:2015/11/15  │

インターアクトクラブ例会

  CIMG8799.JPG CIMG8808.JPG CIMG8818.JPG

平成271112日(木)本校会議室で開催されたインターアクトクラブ例会では、東京蒲田ロータリークラブ会員中谷人志氏にご講演頂いた。理容競技大会の元日本チャンピオンでもある中谷氏は「NHKドキュメント にっぽんの現場」「日本テレビ スッキリ」などでもそのご活躍が紹介され、大田区功労賞・大田区特別功労賞・黄綬褒章受章など数々の受賞歴をお持ちの方だ。今回は特別に、中谷氏の「心得」・・・人間に力の差はない・・熱意は人を動かす力がある・・・駄目だと言う前に人の何倍かやれば何とかなる・・他人を思う心が人を育てる・・・など中谷氏の思いを力を込めてお話しいただいた。


DATE:2015/11/12  │

キャリアセミナー

DSC_0131.JPG DSC_0196.JPG DSC_0200.JPG

平成271111日(水)先輩からお話を聞く『キャリアセミナー』が開催された。今年お越しくださった方々は、東京大学大学院・警視庁・JA横浜・昭和電線ケーブルシステム㈱・プロカメラマン・三和エンジニアリング㈱・日光警備保障㈱・枕崎工業㈱・㈱浩伸技研・㈱リベレーション・京浜シーム溶接㈱でご活躍中のメンバー。それぞれクラスに入っていただき後輩たちに熱いメッセージを送っていただいた。


DATE:2015/11/11  │

女子バスケットボール部 活動報告

【活動報告】
3年生が5月に引退し、現在19名で練習に励んでいます。

■部員状況(27年度)
1年生・・11名
2年生・・8名
3年生・・8名
DSCN0885.JPG
計27名(5名のマネージャー含)

■練習日
週5~6日・・約2時間
(月曜:休、火曜:トレーニング、水曜~土曜:体育館、日曜:大会前は主に練習試合)

■大会結果
<7支部大会(私学大会)>
  1回戦(3チームリーグ戦)
        VS 田園調布学園      勝
        VS 立正大学付属立正   勝
  
  2回戦  VS 品川エトワール女子  勝
  3回戦  VS 青稜            負

<新人戦>
  1回戦  VS 都立多摩         勝
  2回戦  VS 明大中野八王子    負

■その他
夏休みの練習に、特別講師として元WJBL:JOMOサンフラワーズ主将の高橋慎子(旧姓:大野慎子)さんが練習に来てくださいました!
技術指導はもちろん、他に「チーム」でバスケットをする上で大切なこと・物事に取り組む考え方などたくさんのことを教えてくださりました。
DSCN0836.JPGDSCN0745.JPG

■中学生の皆様
部活の練習見学、参加はいつでも可能です。希望者は事前に顧問まで連絡をしてください。

顧問:佐藤 緑子 ・ 山之井 義和           連絡先(学校):03-3762-7336

DATE:2015/11/10  │

OTAふれあいフェスタ

gazou%20207.JPG IMG_2100.JPG IMG_2113.JPG

平成27117日(土)8日(日)恒例の「OTAふれあいフェスタ」が開催された。

昨年の第25回フェスタは2日間で38万人の人出だったそうだが、今年の二日目は雨天開催となり少し寂しい。大森学園が「水のエリア(平和島競艇場会場)」でモノづくり体験コーナーを担当し始めたのが13年前の2002年。以降メニューも改良を重ね、現在では、チョロ虫・万華鏡・キラキラペン・モコモココースター・ふうふうボール・ペーパーマジックなどレパートリーは豊富。子供たちの”モノづくりサポーター”として参加した生徒たちは、出来上がった作品を見た子供たちの笑顔に達成感。テントの中は一日中「ありがとう」であふれていた。

 

DATE:2015/11/09  │

芸術鑑賞会

DSC_0075.JPG DSC_0098.JPG DSC_0106.JPG

平成271030日、本校イベントホールにて芸術鑑賞会が開催された。落語芸術協会(会長桂歌丸師匠)に全面的にご協力頂き、寄席で使われる鳴り物の体験から落語・マジック・落語。そしてお待ちかね『ナイツ』の登場!! 最後は桂小文治師匠の古典落語でおひらき。「みなさん!落語は想像の世界なんです。噺家の仕草・顔の向き・声の質で内容を想像して・・・」たいへん良い勉強になりました。生徒も先生も一緒になって大爆笑!!っていうのもなかなかイイもんですね。

 

DATE:2015/11/06  │

実習施設見学会

CIMG8733-1.JPG CIMG8736.JPG CIMG8737.JPG

平成27114日、工業科1年生に対する実習施設見学&内容説明会が開催された。

大森学園高校工業科には「機械コース」「電気コース」「情報技術コース」の3つの分野があるが、自分が進む道を決めるのは2年生に進級するとき。1年生のうちにそれぞれの分野の基礎を学び、自分の適性などを理解したうえで進路を決定する。今回は、それぞれの分野に進んだ時に、どの様な実習を行っていくのか、専門分野の施設を見学してこれから学ぶ技術の説明を詳細に受けた。

 

DATE:2015/11/05  │

誠和会講演会

  DSCN5876.JPG DSCN5871.JPG DSCN5894.JPG

平成27112日(月)本校のイベントホールに於いて誠和会主催講演会が行われた。今回はODA出前講座として外務省国際協力局国別開発協力第一課の塚本剛志事務官にお越し頂き「外務省の業務と国際協力」についてお話し頂いた。ODAの話を我々の身近な生活の中から、より噛み砕いて説明してくださり理解に繋がった。めったに行くことのできない海外の話やご自身の高校生時代を振り返っての話など、今後の生徒たちの指針にも繋がった。中には、将来どんな職業に就くのか、たくさんの選択肢があり迷っている時期で、日本だけに拘らずもっと世界を広い視野で見て、どのような職業があるのかと思える良い機会にもなった。 

 

DATE:2015/11/03  │

会社見学会

  ddd-1.JPG DSCN1790.JPG IMG_8621.JPG


平成271030日、会社見学が実施された。「まず、実際に見る」ことはキャリア教育の一環としてとても大切。1学年の見学の後、2学年ではインターンシップやキャリアセミナーと進路教育は続いていく。今回快く見学を受け入れて下さったのは、「外務省国内広報室」「宇宙航空研究開発機構(JAXA)][「造幣局」「海洋研究開発機構(JAMSTEC)」「羽田クロノゲート」「㈱朝日プリンテック」「ANA機体工場」「JFEエンジニアリング」「早稲田大学早稲田キャンパス」「慶応大学三田キャンパス」 とても見識が広がりました。

 

DATE:2015/11/03  │

2学年沖縄修学旅行

IMG_1990.JPG IMG_2002.JPG IMG_2007.JPG

IMG_2014-1.JPG IMG_2051-1.JPG CIMG4352-2.JPG

IMG_3149-1.JPG IMG_3055-1.JPG IMG_3196-1.JPG

平成271029日(後班は1030日)から34日の沖縄修学旅行では貴重な体験の連続であった。


1日目のテーマである「平和学習」では、ひめゆりの塔・沖縄平和祈念資料館・首里城を見学。第23日目は海洋博公園(美ら海水族館)見学の後、フェリーで伊江島に渡り「民泊とマリンスポーツ体験」。最終日はクラスごとにメニューを決めたクラス別行動と国際通り散策。  基地問題に揺れる沖縄をナマで感じ、島の方々との触れ合いの中で「家族」について考え、とんでもなく透明度の高い海で色鮮やかな魚たちとマリンスポーツ。最高でした!!


DATE:2015/11/03  │

ページTOP