<< _main

校長通信H24-16

【大森春秋】H24‐16
東日本大震災に被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます
皆さまの安全と一日も早い復興を心より祈念いたします

光陰矢の如し、いつの間にか師走の月が直ぐそこまで来ています。Xmasイルミネーションが点灯しました。市販のものではなく、手作りのイルミネーションがエントランスを飾っています。機会があれば是非ご覧になってください。
21日の学校公開には73名の保護者の方がお見えになり、授業参観をしていただきました。アンケートにもご協力いただき、一枚一枚読ませてもらいましたが、中には厳しいご意見もありました。これからもより良い授業をするように精進してまいりますので、次回はより大勢の皆様にお出でいただきたいと思います。誠和会の役員の皆様には受け付けやアンケートの回収などご協力いただきました。また27日には都議会と都私学部をお招きしての父母の会予算要望期成大会(共立講堂)出席と、重ね重ねお世話になり有難うございました。お礼申し上げます。
22日のマラソン大会は好天に恵まれ、青空のもとでの開催となりました。各クラス総合タイムの結果。女子1位~3位は3G2・2G1・3G1、男子1年1G3・1G1・1G4、2年2G2・2G1・2M3、3年3G1・3G2・3S1でした。意地のぶつかりあいの個人優勝は1年田中・2年輪総・3年貝川。最高タイムは男子輪総・女子大野でした。生徒には事に当たり、その時自己の持つ最大の力を発揮してほしいと思っております。
来週火曜日から期末テストが始まります。学生の本分は勉強です。
2012/11/28 畑澤

DATE:2012/11/28  │

校長通信H24-15

【大森春秋】H24‐15
東日本大震災に被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます
皆さまの安全と一日も早い復興を心より祈念いたします

今月7日に「キャリア・セミナー」が実施されました。これは卒業生が2年生のクラスで授業を行うという企画で、今回で11回目になりました。9名の先輩にはそれぞれ1時間の中で、仕事の上で嬉しかったことや失敗談、社会人になるための心構えなど経験にもとづいた興味あるお話をしていただきました。生徒も熱心に耳を傾けていましたので、働くことの大切さや厳しさ、そして楽しさなどを感じてもらえたことでしょう。先輩の皆さんにはお仕事ご多忙のところ後輩の為に時間をつくっていただき有難うございました。
今週の学校行事は21日(水)に学校公開、翌22日(木)は多摩川河川敷でマラソン大会。詳しくはmorigaku netやお知らせで確認の上お出掛けいただき、学校でのご子女のようすをご覧ください。
23日(祝)には第9回「折り紙ヒコーキ大会」(主催 NPO法人OBK大田ビジネス創造協議会)が本校体育館で開かれます。自作の折り紙ヒコーキで飛距離を競います。毎年200人近い小学生と親御さん(父親が圧倒的に多い)が参加し、子どもと一緒に楽しいひと時を過ごしています。ヒコーキ製作の指導補助や計測要員として、おもちゃの病院メンバーが大車輪の働きをします。またアトラクションとして自動車部有志が飛行ロボットを披露します。

2012/11/19 畑澤

DATE:2012/11/19  │

OTAふれあいフェスタ

11月3日4日に行われた「OTAふれあいフェスタ」。今年度も本校有志のボランティア生徒がお手伝いに行ってきました。今回は前年度と異なり屋外でのものづくり体験。寒い中、たくさんの小学生がやってきてくれました。

DATE:2012/11/17  │

校長通信H24-14

【大森春秋】H24‐14
東日本大震災に被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます
皆さまの安全と一日も早い復興を心より祈念いたします

沖縄への修学旅行団(10月26日~30日)が無事帰ってきました。見学地はひめゆりの塔、平和祈念公園、旧海軍司令部壕、首里城など。定番の見学地ではありますが、実際にその地に立ち、自分の目で、手で、体で感じることが大切だと考えます。また美ら海水族館や自然体験では大いに沖縄を満喫したことでしょう。いやいや、まだまだ時間が足りなかったと感じたかもしれません。そして米軍基地に代表される沖縄の現状についても考える機会にしてください。
1年生は会社見学(30日)を実施しました。9つの会社・研究所にそれぞれ1クラス毎にお邪魔しました。限られた時間での見学でしたが実際に大人が働いている現場を見ることで「進路」を考えるきっかけになって欲しいと思います。私達を受け入れてくれた会社に感謝いたします。
3年生は芸術鑑賞でした。今回のテーマは「寄席」。本校のイベントホールに即席の「大森演芸ホール?」が設営されました。はじめは三味線の仁美ねえさんが高座に上がり、夢吉さんの案内で出囃子と太鼓体験。本番は前座(音助さん)に始まり、二つ目(夢吉さん)の落語とマジック・ショウ。マジック・ジェミーさんの助手をつとめた女子生徒はキャサリンの名をいただきました。お中入り後はナイツさんの軽妙な漫才と鶴光師匠の「平林」でトリ。あ という間の2時間でした。テレビ番組の「笑点」は見ることがあると思いますが、実際に寄席の木戸をくぐる人は少ないのではないでしょうか。テレビやCDも良いですが、寄席は噺家さんとの距離が随分と近い感じがいたします。
28日はお隣の「こらぼセンター」でポレポレECOまつりが開催されました。ぐずついた天候にもかかわらず、たくさんの子ども達が親と一緒に楽しんでいました。その中で本校の30名を超える生徒が表に出たり裏方に徹したり、おまつりの運営に一役買っていました。また3・4日はおおたふれあいフェスタに延べ80人くらいの生徒が参加し、子ども向けものつくり体験コーナーを出店します。どうぞお出掛けください。
明日2日は、工業科2・3年生が日本国際工作機械見本市(於東京ビッグサイト)に出かけます。
この度、校医として生徒の健康にご尽力いただいております歯科医の影山先生が文部科学大臣賞を受賞いたしました。謹んでお祝い申し上げます。
2012/11/1 畑澤

DATE:2012/11/01  │

ページTOP