<< _main

《校長通信NO19》

東日本大震災に被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます
皆さまの安全と一日も早い復興を心より祈念いたします

『震・食・倒・毒・末・金・戦・帰・虎・災・愛・命・偽・変・新・暑』この16の漢字はいったい何を表しているのでしょう。
手づくりのXマスの電飾がエントランスで点灯しています。1年を振り返ってみますと一番に思い起こされるのが、3月11日の東日本大震災です。本校では多くの生徒が登校しており、最終的に帰宅できない100名を越える生徒・教職員が校内で夜明かしをすることになりました。事故やケガ人を出すことなく乗り切れたことに安堵すると同時に、今後の地震への対応責任を痛感しました。4月からの《校長通信》では普段の学校の様子をお知らせしてきましたが、やはり大震災に関して触れる機会が多くなってしまいました。震災支援について生徒たちは本当に良くやってくれましたし、保護者の皆さんにも心強いご協力をいただき、改めてお礼申し上げます。復旧・復興にはまだまだ多くの時間を必要としますが、私たちに出来ることを継続して取り組んでいこうと思います。
期末テストが終わりホッと一息ついているところですが、受験生にとっては最後の踏ん張りどころであり、最後の最後まで頑張って志望校合格を手にすることを願うだけです。生徒たちはもうすぐ冬休みに入りますが、自分自身を見つめる時間をつくり、新しい年の目標に向かって元気良く進んでもらいたいものです。
冒頭の漢字は過去16回の「今年の漢字」です。今年は1位「絆」、2位「災」、3位「震」でした。個人的には「災」を推したいところですが、過去に選ばれていました。「絆」は本来使用する意味合いが違うような気がしますし、テレビなどのメディアに頻繁に登場する事が無かったように思います。ただ、今年は東日本大震災や台風被害などでの家族の大切さや支援の輪の広がり、また、なでしこジャパンのチームワークなどの理由から最も応募が多かったようです。第1回(1995(H7)年)に選ばれたのは「震」でしたが、この年は阪神・淡路大震災や地下鉄サリン事件の発生した年でもありました。
来年は平安な年になることを願っています。
2011.12.15 畑澤

DATE:2011/12/16  │

クリスマスイルミネーション点灯!

12月14日(火)、毎年恒例となるクリスマスイルミネーションの飾りつけを行いました。今回参加してくれたのは、2年電気科の生徒と普通科の女子2名。14日~28日の期間で点灯します。ぜひ、御覧ください。

DATE:2011/12/16  │ 報告

ページTOP