<< _main

次世代フェスタ

1月15日(土)16日(日)、東京ビッグサイトで開催された「次世代フェスタ」。大森学園はものづくり体験コーナーを開設し、多くの方々に楽しんでいただきました。本校の1学年・2学年の工業科の生徒は各ブースを見学。さまざまな技術を目の当たりにし、改めてものづくりの魅力を体感できたようです。

DATE:2011/01/17  │

ものづくり学習フォーラム

1月15日(土)大田産業プラザ(PIO)で行われた「ものづくり学習フォーラム」。大森学園は、合成写真・もこもこコースター・恐竜の組立て・LEDライトの作成で出展。多くの方々にものづくりを体験していただきました。また、本校の車いす活動について代表生徒が発表。日本でどれくらいの車いすが廃棄されているのか、車いすのメンテナンス活動を通してどのようなことを感じたのかなどについて、発表しました。

DATE:2011/01/17  │ 報告

第1学年スキー・スノーボード教室!

1月4日から7日まで志賀高原小丸山スキー場で、1学年冬季校外教室が行われました。スキー・スノーボードのいずれかを選び、取り組んだこの教室。初心者の生徒が多い中、多くの生徒が上達し、みな達成感を味わえたようです。以下は生徒の作文です。

今回、長野で行われた校外教室で、ぼくはスノーボードを習いました。ぼくはスノーボードをやるのが小学1年生以来だったので、正直できるかどうか心配でした。教室が始まると、まずはしゃがみながら進んでいく練習をし、次に立ったまま平行にまっすぐ進む練習をしました。ここまでは順調にできていたけれど、次のジグザグに進む練習に少し戸惑いました。けれどすぐに慣れ、グループのみんなもスイスイと滑れるようになり、一番下のグループでありながらみんなすごく上手に滑れるようになり、最終的には上から下までほとんど転ばずに滑れるようになりました。ここから不安は楽しさに変わり、自信へと繋がっていきました。
 滑った後は。3時間くらい休憩があったけれどぼくたちは待ちきれずに、1回だけ外に出ました。滑らずに戻ってきてしまったけれど、それくらい滑りたくてたまりませんでした。
 最も心に残っているのは、ナイターです。ナイターは1時間しか滑れなかったけれど、自由に滑ることができ、友だちと競争などもいっぱいしました。友だちの中には滑りながらジャンプをしたり、板の前のほうを上げてウィリーをやっていたりする人もいてすごいなと思いました。ぼくもやってみたけれど、ジャンプは飛べたけれど、ウィリーは板の前が上がらずにできないまま、ナイターを終えました。
 今回、久しぶりにスノーボードをやり、ほとんど初心者の状態で行ったにも関わらず、担当してくれたインストラクターの方のお陰で滑れるようになりました。心配だったスノーボード教室が楽しい教室に変わりました。また、滑れるようになったことで自信がつき、今後もしスノーボードをやることになったときには、胸を張って滑れるような気がします。何よりも友情関係や先生との関係も深まったと思うし、いろいろな先生の普段見られない一面が見られたので、よかったです。
 今回の校外教室は自分のためになることばかりが学べました。貴重な経験ができて、とても嬉しかったです。

DATE:2011/01/17  │ 報告

ページTOP