たかが一票。されど一票。

 2月20日(水)7時限目に主権者教育が行われました。2年生全員が、地歴公民科の畑澤校長の「18歳選挙権」についての講話を聴きました。「選挙制度の歴史」「選挙の原則」「選挙運動について」など、選挙に行くにあたって必要な知識をたくさん学びました。
 総務省によると、2018年10月に行われた第48回衆議院議員総選挙での全体の投票率は54.7%だそうです。有権者の約半分の人が投票に行って、約半分の人が行っていないという状況です。しかし歴史を振り返ってみると、男子普通選挙が初めて実現した1928年2月に行われた第16回衆議院議員総選挙での全有権者の投票率は80.33%でした。また戦後、女子の選挙権が認められて男女普通選挙が初めて実現した1946年4月に行われた第22回衆議院議員総選挙では、全有権者の72.08%の人が投票に行っていました。
 かつての日本の選挙制度では、納税額や性別によって選挙権が制限されていました。しかし、明治時代から昭和時代にかけて多くの国民が運動を起こし、普通選挙の実現を訴え続け、長い長い年月をかけて、一定年齢に達した全国民に選挙権が与えられるようになりました。おそらく、今まで有することのできなかった選挙権を、初めて獲得することができた当時の人々は、いろいろな思いを持って、高い政治的関心をもって、投票に行っていたことでしょう。しかし、現在は選挙権があることが当たり前になりすぎてしまって、そのありがたみも忘れ去られているように感じます。でも、その当たり前は先人たちの汗と涙の結晶であることを私たちは忘れてはなりません。たかが一票、されど一票。生徒たちには、この一票の重みをぜひ感じ取ってほしいと思います。

sennkyo.JPG %E9%81%B8%E6%8C%99.JPG
%E9%81%B8%E6%8C%99%EF%BC%93.JPG %E9%81%B8%E6%8C%99%E2%91%A3.JPG

DATE:2019/02/21  │

ページTOP

大人に見えた卒業生~大学生による進学セミナー~

 2月2日(土)普通科2年生を対象に、本校を卒業した大学生による進学セミナーが行われました。来年受験を迎える2年生が、志望校の選び方・受験勉強の仕方・受験に対するモチベーションの保ち方など、多くのことを大学生から学びました。
 大学生が話していた受験の極意の一部をご紹介します。
  ・大学に入ってから「ここの大学は自分に合ってないな」と後悔しても遅い
   から、今のうちから大学選びは慎重にするべきだ。
  ・大学では、学ぶことはもちろんだが、今までに出会ったことのない様々な
   個性の人に出会えていろいろな人間を知ることができるチャンスだから
   ぜひ行くべきだ。
  ・一日に最低限、何時間・何を勉強するのかなどの自分なりのルールを決めて、
   そのルールに基づいて受験勉強を進めていくべきだ。
  ・難関大学を目指すなら3年生の4月までに、各科目の基礎を固めておくべきだ。
  ・勉強を、ご飯を食べる・寝るといったルーティーンワークの一つの中に
   組み込んでしまって、あれこれ考えなくても自動的に勉強するような
   体にしておくべきだ。
  ・同じ学校内にいる、各科目のそれぞれのトップの成績を収めている人を
   常に目標に置いて、その人たちより成績が上回っていく過程を
   モチベーションにつなげていく。
など、受験を経験した人ならではの多くの考えを聞くことができました。今回のセミナーをきっかけに、2年生は受験生になるエンジンを今すぐにかけて、来年の3月には笑って受験を終えられるようにしたいですね。

IMG_2484.JPG IMG_2485.JPG
IMG_2478.JPG IMG_2483.JPG

DATE:2019/02/02  │

ページTOP

将来なりたい職業は?? ~工業科 2年生 進路ガイダンス~

 2月1日(金)の5・6時限目に、工業科2年の生徒が、職業に関する体験授業を受けました。今回は自動車・航空整備・ロボット・IT・鉄道・観光・公務員・自衛隊・美容師・調理師・介護などの職業に携わる講師の方々をお招きし、机の上だけでは学ぶことのできない実技を伴った貴重な講義をしていただきました。ご協力いただいた皆様本当にありがとうございました。
 生徒にとっては興味のある分野への理解をさらに深められ、将来に向かって明確な目標を定める機会になったと思います。2年生には強い志を持ち、明確な進路をイメージして、新3年生になってほしいです。
IMG_2432.JPG IMG_2439.JPG
IMG_2442.JPG IMG_2452.JPG

DATE:2019/02/01  │

ページTOP

バレーボール部 新人決勝大会

  1月20日に、新人決勝大会が駒澤大学高等学校で行われました。結果は以下の通りです。
・大森学園2ー1芝
・大森学園2ー0駒大
・東海大学菅生2ー1大森学園 
 東海大菅生高校には惜しくも敗れてしまいましたが、東京都ベスト16に入ることができました。3月に行われる全国私学大会、4月の関東予選に向けて努力を続けていきます。
 応援ありがとうございました。今後もよろしくお願いします。

 %E3%83%90%E3%83%AC%E3%83%BC.jpg

DATE:2019/01/24  │

ページTOP

受験生に向けたエール ~最後の入試説明会で送るメッセージ~

 1月12日(土)に本校の今年度最後の入試説明会が実施されました。最後の入試説明会では、初めての試みとしてブラスバンド部とチアリーディング同好会が一緒に演技をしました。ブラスバンドの演奏に合わせてチアリーダーが踊りを披露しました。
 今回の演技では、これから高校受験に向かう中学生に向けた応援ソングとして、Little Glee Monsterの「世界はあなたに笑いかけている」をお送りしました。ブラスバンド部の美しいハーモニーとチアリーディング同好会の力強く明るく楽しい踊りで、受験生のみなさんを少しでも勇気づけられていたら幸いです。
 受験生のみなさん、どうか自信をもって試験に挑んでいってください。受験の神様はきっとあなたに笑いかけていますよ。
%E3%83%81%E3%82%A2%E5%AE%89%E5%A0%B5%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%B9.JPG

DATE:2019/01/12  │

ページTOP

「英語村」へ Let's go!! ~英語コース「国内留学」第二弾~

 12月27日(木)英語コースで国内留学第2弾と称し、2018年9月にオープンした東京・青海にある「TOKYO GLOBAL GATEWAY」に訪れました。「TOKYO GLOBAL GATEWAY」は体験型の英語学習施設で、施設内では昼食を含めてすべて英語でコミュニケーションをとらなければなりません。生徒たちはここで、英語を使ったゲームを行ったり、施設内に設置されている空港やレストランなどのセットの中で、それぞれのシチュエーションごとに英会話の疑似体験を行ったり、将来の夢を書いて「未来カード」を作ったりして「話す・聞く・読む・書く」の4技能を鍛えました。生徒たちは英語しか使えない状況に多少苦戦しながらも、楽しく英語を学んでいる様子でした。
 2回目の国内留学を終えて、1回目の時に比べてより積極的に英語を話そうとしている様子が見受けられ、着実に英語を聞いて話せるようになってきていると感じました。今後のさらなる成長が楽しみです。
%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%82%A4%EF%BC%97.JPG %E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%82%A46.JPG
%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%82%A4%EF%BC%98.JPG %E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%82%A4%EF%BC%94.JPG

DATE:2019/01/09  │

ページTOP

Welcome to イングリッシュルーム!!~英語コース「国内留学」~

 12月10日(月)11日(火)の2日間にわたって、英語コースで「国内留学」が行われました。この二日間は日本にいながら、日本語の使用が一切禁止され、クラスの友達や海外からやって来た留学生に対して英語のみでコミュニケーションをとることを課せられました。
 1日目は、本校の教室で様々なゲームを行ったり、グループをつくって話し合いをおこなったり、プレゼンテーションをしたりして盛り上がりました。2日目は午前中に全員で羽田空港へ行きグループごとに分かれて、外国からの旅行者に対して英語でインタビューを行いました。午後は学校に戻り、羽田空港でインタビューした結果をグループごとに発表しました。
 この2日間を通して生徒たちには様々な変化があったようです。1日目を終えた感想では、「日本語で簡単に言えることを、英語で言うのがとても難しかった。」「英語しか使えないことに疲れた。」などといった、英語に対して苦戦したことに関するものが多かったのですが、2日目には「英語が自然にでてきて自分でも驚いた。」「家に帰ってから話そうとすると日本語よりも英語が先に頭に浮かんできた。」「もっと英語を勉強してみたい。」といった英語に慣れ親しんできたことに対する喜びの感想が多くなりました。
 英語コースは今年設立されたばかりの新しいコース。そんなフレッシュな英語コースの生徒たちがこれから行われる様々なプログラムによってさらにどんな成長を遂げていくのか、とても楽しみです。

%E5%9B%BD%E5%86%85%E7%95%99%E5%AD%A6%EF%BC%91.JPG %E8%8B%B1%E8%AA%9E%E3%80%80%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%BC%E3%83%B3%EF%BC%93.JPG
%E5%9B%BD%E5%86%85%E7%95%99%E5%AD%A6%EF%BC%92.JPG %E5%9B%BD%E5%86%85%E7%95%99%E5%AD%A6%EF%BC%93.JPG

DATE:2018/12/13  │

ページTOP

税金は「日本へのお手紙」

 3年普通科2組の中澤日陽(ひなた)さんが、国税庁主催の平成30年度「税に関する高校生の作文」で税務署署長賞を受賞し、その表彰式が12月7日(金)に本校会議室で行われました。
 今回、中澤さんが書いた作文のタイトルは「日本へのお手紙」でした。
 「税」とは、実は私たちが一方通行で負担するものではなく、私たちと国や自治体が相互にやりとりする「お手紙」なのです。私たちが、「学校に通って勉強させてください。」「安全な道を歩かせてください。」「町をきれいにしてください。」といった願いを込めて、「税」という「お手紙」を国や自治体に託し、国や自治体はその願いを受け取って国民のために「税」を活用し、私たちからの「お手紙」に応えるのです。
 もしかしたら、現代の日本ではそうした「税」の温かさが失われているのかもしれませんね。税を負担する側も、あまりうれしくない気持ちで税を負担し、国や自治体も少ない税金の中でやりくりすることに苦心し、結果的に国民全体が納得いくようなサービスにならないことが往々にしてあるように思います。でも、本来は国民全員が優しく温かい気持ちで「税」を国や自治体に託し、それに応じて国や自治体は温かい気持ちで国民全体にサービスを提供するという関係性こそが理想なのだと思います。中澤さんの作文はそのようなことに気づかせてくれるすばらしい文章でした。みなさんも「税」のあり方について今一度考えてみてはいかがでしょうか。
%E7%A8%8E%E5%8B%99%E7%BD%B2.JPG %E7%A8%8E%E3%81%AE%E4%BD%9C%E6%96%87.JPG


DATE:2018/12/11  │

ページTOP

「見上げた空には夢がある 過去の宝は未来の宝」

 12月3日(月)で2学期の授業が終わり、いよいよ期末試験を迎えます。3年生は3学期に授業がないため、この日が高校生活最後の授業となりました。3年生のそれぞれがいろいろな思いをかみしめながら最後の授業を受けました。
 ここでは、3年普通科2組(3G2)の最後の音楽の授業の様子を取り上げます。担任の先生への感謝の気持ちを込めた合唱が行われました。この日を迎えるまでに、クラス全員で選曲を行い、何度も練習を重ね、美しいハーモニーを作り上げてきました。3G2が選んだ曲はゆずの「友」と合唱曲「あなたへ~旅立ちに寄せるメッセージ」の2曲でした。
 「心揺れて迷う時も ためらう気持ちそれでも 支えてくれる声が 気付けば いつもそばに」「愛と涙 あなたの手のぬくもり 人生という名の迷路の果てに 信じあえることの喜びと 悲しみあった分 優しくなれる」 これらの歌詞はいずれも担任の先生が2年間かけて3G2の生徒たちに伝えてきた思いそのものでした。担任の先生は常日頃から「自分勝手にふるまって互いの傷をなめあうような関係ではなく、喜びも悲しみもわかちあい、お互いを高めあえるような交友関係を築いてほしい。」と生徒たちに強く伝えてきました。今回の合唱はそんな担任の思いに応えるかのようなすばらしい合唱となりました。
 「見上げた空には夢がある 過去の宝は未来の宝」
最後に音楽の先生からこのような言葉をもらって、授業を終えました。
3年生のみんなには、これまでの高校3年間で手にした数々の大切な宝を持って、明るい未来に向かって大きく羽ばたいていってほしいと願っています。

%E5%90%88%E5%94%B1%E2%91%A0.JPG %E8%A6%8B%E4%B8%8A%E3%81%92%E3%81%9F%E7%A9%BA%E3%81%AB%E3%81%AF.JPG


DATE:2018/12/05  │

ページTOP

お気に入りの本をみんなのものに!

 11月27日(火)の放課後、図書室で図書委員会の発表会が開かれました。今回の発表会では図書委員の生徒4人が、「ヤッさん」「レインツリーの国」の2冊の本の紹介と「つみきのいえ」「そこのかどまで」の2冊の絵本の朗読を行いました。
 今回の発表に向けて9月ごろまでに選書を行い、その後10月末頃から練習をスタートさせました。4人の生徒はそれぞれの持ち味を活かして、発表会ぎりぎりまで練習を積み重ねてきました。当日は、話す内容をメモした紙を忘れてアドリブで発表していた生徒もいましたが、全員が最後まで堂々と発表をおこない、練習の成果を存分に発揮することができました。
%E5%9B%B3%E6%9B%B8%E5%A7%94%E5%93%A1%E4%BC%9A%E7%99%BA%E8%A1%A8%EF%BC%94.JPG %E5%9B%B3%E6%9B%B8%E5%A7%94%E5%93%A1%E4%BC%9A.JPG %E5%9B%B3%E6%9B%B8%E5%A7%94%E5%93%A1%E4%BC%9A%E7%99%BA%E8%A1%A8%E2%91%A0.JPG %E5%9B%B3%E6%9B%B8%E5%A7%94%E5%93%A1%E4%BC%9A%E7%99%BA%E8%A1%A8%EF%BC%92.JPG

DATE:2018/11/29  │

ページTOP