<< _main


Ene-1GP MOTEGI 2018

「Ene-1GP MOTEGI 2018」は、「単三形充電池」を動力源とした車両づくりやマネジメントを競う大会。車両を動かすエネルギーは一般に売られている充電式乾電池40本である。与えられたエネルギーで、1周の速さを競う「1LAP TimeAttack」、90分の耐久レースである「e-kiden90分LongDistance」の競技でより多くのポイント稼いだものが勝利する競技である。
IMGP0963.JPG
1LAP TimeAttack
 全長2.5kmのコース1周の速さを競う1LAP TimeAttackは1台毎にマシン出走する。ここでエネルギーを使いすぎると後半に行われる耐久レースでのエネルギーがなくなるので気を付けなければならない。結果は4分03秒で全体の20位、高校生クラスでは3位の結果となり5ポイントを獲得した。

e-kiden90分LongDistance

 90分間の耐久レースは、参加マシン全車が出走し全55台で争う。
 レーススタート直後はペースが掴みにくく4分台での走行総合18位前後をキープ、ドライバー後コースに慣れてきた中盤からは3分32秒前後で走行し順位を上げ総合13位まで上がってきた。終盤は周りのマシンのペースが落ち始め一時は総合10位、高校生クラス3位を走行していたが、ラスト2分電池切れでコースの途中でストップしてしまった・・・チェッカーを受けたマシン以外はポイントがもらえないため0ポイントとなってしまった。総合は結果5ポイントで20位、高校生クラス5位で終えた。


DATE:2018/12/05  │ 大会結果

ページTOP